デリバリーヘルス

ひとりの夜が寂しい時は福島のデリヘル

クールな女性

急な異動でほとんど一般的な知識以外を持たずに福島へ引っ越したのが今から5年くらい前の話です。当然周りに知り合いや友人もおらず、入ったばかりの支店でもなかなか仕事以外の部分では踏み込むことができずに寂しい日々を送っていました。お恥ずかしながら彼女もいなかったため、週末や夜の寂しさを紛らわすための娯楽がなく、引っ越しから一ヶ月でついにデリヘルを呼ぶことにしたのです。
まだ家も散らかってはいなかったので、デリヘル嬢は自宅に派遣してもらいました。念入りに掃除をし、シャワーを浴びてから風呂場を再度掃除して、緊張しながら待っていたのですが、やってきたのは大変清楚な感じのショートカットなべっぴんさんでした。前もってお店のHPで見ていた通り、スタイルも抜群で巨乳好きの私としてはもう最高にあたりを引いたなという感想でした。彼女は綺麗な標準語をしゃべっていましたが、ふとした瞬間やはりイントネーションが福島の人で、聞けば生まれてからずっと福島で暮らしているのだそう。そんな感じで久々の女の子とのお喋りを楽しみつつシャワーで洗いっこして、盛り上がった雰囲気のままベッドイン。一生懸命御奉仕してもらって、心も体も大満足でフィニッシュさせてもらいました。